システムコンサルタント・プロジェクトマネジメントの仕事とは

システムコンサルタント・プロジェクトマネジメントは、クライアントの情報化戦略を立案して、システム運用までを支援するコンサルティング業務や、プロジェクトのマネジメント業務を行います。業務系、情報系といったシステム分野別の業務知識が必要となり、課題解決のための提案や円滑なプロジェクト進行のために、クライアントとの密なコミュニケーション能力が求められます。

システムコンサルタント・プロジェクトマネジメントの仕事内容は?

システムコンサルタントの仕事内容は、クライアントである企業が抱えている課題などをIT技術やシステムの導入によって解決するための立案から、最終的なシステム導入までをマネジメントしていく職種のことをいいます。今の時代、ITシステムと企業は切っても切ることができないような仕組みとなっているため、需要はとても多く、能力次第で高収入が見込めます。
システムコンサルタント・プロジェクトマネジメントというと、よくPMやPLと混同されがちですが、PMやPLはプロジェクトマネジメントオフィス(PMO)とともに、すでに始まったプロジェクトを成功に導くためのマネジメント能力が求められる仕事です。一方でシステムコンサルタントの仕事は、その前段階であるプロジェクトを立ち上げることが重要となるポジションとなります。ある意味、セールスエンジニアの役割も持っており、これらの職種のすべてを統括しているともいえるでしょう。

システムコンサルタント・プロジェクトマネジメントはどんな会社で仕事をする?

システムコンサルタント・プロジェクトマネジメントとして働く場合、次のようなケースが考えられます。

一言でコンサルティング会社といっても、さまざまな種類や業態があります。システムコンサルタント・プロジェクトマネジメントが活躍できる環境としては、企業が大型システムなどを導入する際に、企業にヒアリングを行い、導入する基幹システムの選定やカスタマイズ内容の提案などを行い、立案や導入までのお手伝いをします。
コンサルタント会社ではなくても、実際にコンピューターメーカーや、ソフトウエアメーカーに所属した上で、自社のシステムを企業独自のスタイルにカスタマイズしていくことを仕事とする場合もあります。
どの場合であっても、クライアントの要となるシステム導入のスタートからゴールまでにお付き合いすることが仕事となります。また、クライアント先に常駐して業務にあたるケースもあります。

システムコンサルタント・プロジェクトマネジメントで求められる経験や資格・スキルは?

システムコンサルタント・プロジェクトマネジメントとして仕事をしていくためには、ITに関する豊富な知識、そして技術や経験があることが必要不可欠です。それに加えて、コンサルタントやプロジェクトをマネジメントしていくためには、クライアントの業態や業務内容に関する知識も豊富に有している必要があるでしょう。クライアントが業務の中で行う一連の流れを理解しておかないと、クライアントが課題として抱えているもののとりまとめ、導入すべきシステムの提案などをすることができません。
また、プロジェクトチーム内での折衝も必要となりますので、コミュニケーション能力やプレゼン能力、論理的思考能力も欠かすことができないでしょう。

保有しておきたい資格やスキル

経験や結果が重要なコンサルタントではあるものの、そのほかの職種からのステップアップのために資格を取得している人も多くいます。肩書きとして資格やスキルを有していることは、コンサルタントとしての有利になる傾向です。一般的にシステムコンサルタント・プロジェクトマネジメントが取得している資格としては、次のようなものがあります。

システムコンサルタント・プロジェクトマネジメントのキャリアプランは?

システムコンサルタント・プロジェクトマネジメントは、IT関係の職種の中でも最も上流に位置するものとなります。そのため、どちらかというとシステムコンサルタント・プロジェクトマネジメントに就いてからキャリアプランを形成するよりも、システムコンサルタント・プロジェクトマネジメントになるまでのキャリアプランが重要となります。未経験者の場合は、システムエンジニア(SE)からのキャリアアップを図っていくのが一般的です。
システムコンサルタント・プロジェクトマネジメントは、最も上流工程に携わる職種のため、業務プロセスの見直しや企画提案から、システム構築・運営管理の責任者としてのマネジメントなど、さまざまな知見やスキルが求められます。ITの業務やシステム、サービスが軌道に乗り、売り上げ向上や業務改善が図られた時には大きな達成感を得ることができるでしょう。
また、上流工程の高いスキルを持っていることと派遣という働き方により、所属にとらわれることなく、大手企業や公的機関などの大規模プロジェクトや、業種を問わないさまざまなプロジェクトに携わることができるのも魅力の一つです。
システムコンサルタント・プロジェクトマネジメントのキャリアアップには、主に次のようなものがあります。

業務系SE(システムエンジニア)からのキャリアアップ

業務系SE(システムエンジニア)では、設計や開発、保守運用などをはじめとする下流フェーズの経験を積んだ上で、要件定義や分析などの上流フェーズの経験を積むことでシステムコンサルタント・プロジェクトマネジメントの道が開けるでしょう。

インフラ系SE(システムエンジニア)からのキャリアアップ

インフラ系SE(システムエンジニア)からキャリアアップすることも可能です。ネットワークやサーバー、データベース、そしてセキュリティなどの特定スキルを身につけ、自身のシステムに関するスキルを広げていくことで、システムコンサルタント・プロジェクトマネジメントになることが可能です。
また、数が多いわけではないものの、一般企業でIT企画や立案などにかかわってきたような人でも、システムコンサルタント・プロジェクトマネジメントへキャリアアップした例もあります。
これまでの職務経験や自分のスキルを活かして自分らしく仕事をすることは、派遣社員として働くメリットの一つです。Modisでは、皆さまが思い描くキャリアプランの実現をサポートするとともに、お一人お一人の働き方に合った多様な求人をご紹介しています。ぜひModisで希望のお仕事を探してみてください。