ITインストラクターの仕事とは

インターネットの普及に伴い、IT技術はさまざまなところで活用されるようになりました。そんな中、ITに関しての技術を教えるITインストラクターの需要が高まっています。ITインストラクターの仕事内容や必要とされるスキル、キャリアアップなどの詳細について解説します。

ITインストラクターの仕事内容は?

ITインストラクターとはITに関連する技術を教える仕事です。今やIT技術は身の回りの至るところで利用されているため、それに伴いIT技術を学習する必要性が増しています。例えば、パソコンスクールでは高齢者やIT機器になじみがない人に向けて、パソコンの接続や起動方法といった基本的な操作を教えます。
ほかにも、企業では社員に向けた表計算ツールの研修や、取引先に対しては自社製品に関する技術の解説など、ITインストラクターが教える内容はさまざまです。教える相手の年齢やITに関する知識は大きく異なるため、学ぶ人達にあった説明を行う必要があります。また、講座のような形式で教える場合は、大人数の前でのレクチャーを行うケースもあります。

ITインストラクターはどんな会社で仕事をする?

教える内容が多岐にわたるため、ITインストラクターが活躍する場所もさまざまです。具体的には次のような場所が挙げられます。

パソコンスクール

パソコンスクールでは、パソコンの基本的な操作方法から各種ソフトウエアの使い方など、幅広い内容を教えています。パソコンをほとんど触ったことがない人や就職のためのスキルアップを目的としている人など、教える対象はさまざまです。

教育機関

大学や専門学校では、レポートの作成やプレゼンテーションの資料準備に必要なソフトの操作方法を教えます。また、インターネットの普及に伴い、ネットリテラシーの重要性が近年増加しているため、臨時講師として講座に参加するケースも多くあります。

企業向け

多くの企業でIT機器を導入しているため、IT技術に関する学習の機会が必要とされています。例えば、社内での研修がそのひとつです。企業によってはIT技術が業務に欠かせない能力であるため、それを教えるためのITインストラクターの需要も高まっています。また、自社ソフトを取り扱っている会社では、取引先に専門技術の解説を行うこともあり、ITインストラクターとしての活動は社内だけにはとどまりません。

ITインストラクターで求められる経験や資格・スキルは?

ITインストラクターになるために必要な資格はありません。ただ、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)やACA(アドビ認定アソシエイト)など、IT技術に関する資格を持っていれば一定の知識があることの証明になります。
また、ITインストラクターとして働くためには、次のようなスキルが求められます。

パソコンスキル

パソコンの基本的な情報やOffice系のアプリケーションの操作などを教えるためには、幅広いパソコンスキルが必要です。何気ない操作であっても、自分が正しく理解していなければ分かりやすく教えることができません。

コミュニケーション能力

教える相手の年齢や能力はさまざまです。時には取引先の目上の人にレクチャーすることもあるでしょう。ITインストラクターは相手にどれだけ理解してもらえるかが重要なポイントとなるため、人によって適切なアプローチをとれるようなコミュニケーション能力が欠かせません。

企業向けの各種経験・知識

企業向けにレクチャーする場合は、その企業の業種・業態に合った各種経験や知識が必要になるケースも多くあります。例えば、ECサイトの解説やセキュリティに関するインストラクターなど、未経験では対応することができません。

ITインストラクターのキャリアプランは?

ITインストラクターがレクチャーする対象は、パソコンのソフトウエアの操作方法をはじめ、Offce系ソフトやAdobe系ソフトなど特定分野に特化したソフトウエア、独自開発のソフトウエアの操作などさまざまです。未経験者の場合は、ヘルプデスク業務などを通して、ソフトウエアに関する基礎知識の習得と、コミュニケーションをとりながら人に教える技術を深めるなどして、ITインストラクターへと転身することが可能です。
レクチャーする関連知識をすでに備えている場合は、トレーナーとしてのスキルを研修などで身につけることでITインストラクターになるケースもあります。

人と接する仕事で、さまざまな人とかかわりながら仕事をする楽しさが魅力の一つです。レクチャーした人のスキル向上が図られたり、受講者から感謝されたりした時には、やりがいを感じることでしょう。
ITインストラクターのキャリアプランとしては、次のようなものが考えられます。

マネジメントへのキャリアチェンジ

インストラクターとしての業務を経験する中で、指導だけでなく運営や講師の教育といったマネジメント業務にも触れることができるため、指導者からマネジメントへのキャリアチェンジが可能です。そうすることで、地位や収入の向上が見込めます。

フリーランスに転身

インストラクターとしての経験が豊富であれば、フリーランスの講師として活躍することもできます。また、講師として活動する中でさまざまな人と出会うことができるため、別の場所でも仕事を紹介してもらえる可能性が高くなります。個人としてインストラクター業務を重ねることで、より大きなキャリアを開くことができます。

これまでの職務経験や自分のスキルを活かして自分らしく仕事をすることは、派遣社員として働くメリットの一つです。Modisでは、皆さまが思い描くキャリアプランの実現をサポートするとともに、お一人お一人の働き方に合った多様な求人をご紹介しています。ぜひModisで希望のお仕事を探してみてください。