インフラエンジニアの仕事とは

電気や水道、ガスのように毎日の生活に欠かせない基盤は「インフラ」と呼ばれています。IT業界においても同様に、ネットワークやサーバーなどIT業界にとって欠かせない基盤を「ITインフラ」と呼び、その設計や運用・保守にかかわるエンジニアをインフラエンジニアと言います。インフラエンジニアの仕事内容や求められるスキル、キャリアプランなどの詳細について解説します。

インフラエンジニアの仕事内容は?

IT業界におけるインフラというのは、サーバーやパソコンなどのハードウエア、インターネットやLANなどのネットワーク、そしてデータベースなどのことを呼びます。インフラエンジニアの仕事を一言で言うと、これらのITインフラにかかわる設計やシステム構築、ITインフラの運用や保守などです。
これらの仕事がインフラと呼ばれる理由は、ネットワークを利用する上でこれらのITシステムは必要不可欠なものだからです。何らかのトラブルによってシステムがストップしてしまうと、さまざまな障害が引きこされるため、安定した環境を維持し続けなければなりません。
インフラエンジニアの仕事内容は、主に次の3つに分けることができます。

ネットワークエンジニア

インターネットやイントラネットなどの、内外部と通信ができるようなネットワークを構築する仕事です。ネットワークの設計から要件定義を始め、構築、保守管理、運用など一連の業務を担当します。サーバーとサーバーや、サーバーと端末をつなぎ、快適で安定したネットワーク運用に携わります。

サーバーエンジニア

メールサーバーやWebサーバー、データベースサーバーなどの、サーバー環境の構築や運用に関する仕事です。サーバーの選定や設計から、OSのインストール、負荷分散の設計や障害発生時の対応などサーバーまわりの業務に幅広く携わります。近年では、クラウドサーバーが普及したことにより、クラウド構築が可能なスキルを持ったエンジニアへのニーズが増しています。

データベースエンジニア

データベース環境を構築して、大量のデータ管理や、企業戦略に役立つデータ分析の方法などの提案、データ収集環境を構築する仕事です。どのようなデータを取り扱い、管理するのかに応じて最適なデータベースを開発・設計する業務に携わります。近年ではビッグデータのように大量のデータを管理するニーズが高まっており、業務領域も拡大傾向にあります。

インフラエンジニアはどんな会社で仕事をする?

インフラエンジニアとして働く場合、メーカーやIT企業に就業するのが一般的で、クライアント先へ常駐しての仕事となる場合が多い傾向にあります。

メーカー

法人向けの自社開発ソリューションを扱っているメーカーでは、インフラエンジニアの能力が求められます。メーカーにおける特定分野のインフラシステムの開発や設計、導入から運用・保守までを比較的、長期間請け負うことが多くなります。そのため、特定分野におけるプロフェッショナルを目指すことが可能です。プロフェッショナルな経験を積みたい場合には、メーカーで働くことをおすすめします。

IT企業

IT企業は仕事の分業化がされていない場合もあり、クライアントからの要望に合わせてフレキシブルな対応が求められることが多い傾向にあります。そのため、メーカーに比べると特定のソリューションに偏らない業務経験ができる環境にあると言えます。幅広い仕事に携わることで、多種多様な知識や技術を身につけることも可能です。インフラエンジニアとしてジェネラリストを目指すのであれば、IT企業を選ぶ方が良いでしょう。

インフラエンジニアで求められる経験や資格・スキルは?

インフラエンジニアの経験があった方が就業には有利ですが、未経験でも目指すことは可能です。その際には、コミュニケーション能力や英語力が求められる傾向にあります。

コミュニケーション能力

インフラエンジニアにとって、コミュニケーション能力は重要です。複数のスタッフとチームを組んで仕事するのをはじめ、システム導入にあたってクライアントへのヒアリングが必要なこと、運用システムのトラブルが発生した際などに密なコミュニケーションが求められるからです。未経験者でも経験者でも、良好なチーム環境の構築やクライアントとの関係維持のためにコミュニケーション能力は必要不可欠と言えるでしょう。

英語マニュアルを読解できる英語力

仕事で取り扱うITインフラ機器は、海外製のものが多くなる傾向にあります。導入時やトラブルシューティング時には英語マニュアルを読解して対応する必要があるため、ある程度の英語力が必要となります。

インフラエンジニアに必要な資格

インフラエンジニアという資格は存在しないため、資格がなくてもインフラエンジニアになることは可能です。しかし、ネットワーク、サーバー、データベースに関する次のような資格があれば、大きなアピールポイントとなるでしょう。

各種資格については「IT・エンジニア派遣に役立つおすすめの資格とは?派遣会社の取得サポートも」をご覧ください。

インフラエンジニアのキャリアプランは?

インフラエンジニアは、未経験からでも始めることが可能な職種です。未経験者の場合、多くの企業では、すでに導入されているITインフラの運用や保守の仕事を任せることが一般的です。その後、ITインフラに関する知識を蓄えていき、実際の設計や構築業務へとキャリアアップが可能です。基本的には、サーバーエンジニア、ネットワークエンジニア、データベースエンジニアそれぞれの仕事に必要なスキルを身につけ、経験を積み重ねていくことになります。

スペシャリストの道を究める

インフラエンジニアとして、サーバー、ネットワーク、データベースのすべてを網羅的に習得していく道もあります。技術者としてスペシャリストを目指していくこととなるでしょう。

マネジメントやコンサルタントへのキャリアアップ

キャリアアップとして、上流工程にあたるプロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャー、ITコンサルタントなどの全体を統括する仕事を目指していくことも可能です。

これまでの職務経験や自分のスキルを活かして自分らしく仕事をすることは、派遣社員として働くメリットの一つです。Modisでは、皆さまが思い描くキャリアプランの実現をサポートするとともに、お一人お一人の働き方に合った多様な求人をご紹介しています。ぜひModisで希望のお仕事を探してみてください。