情報セキュリティエンジニアの仕事とは

インターネットが普及し、誰もが世界中の情報にアクセスできるようになりましたが、プライバシーの漏えいといったセキュリティに関する問題も絶えません。そのため、情報に対するセキュリティの需要は高まっています。情報セキュリティエンジニアの仕事内容や必要とされるスキル、キャリアプランなどの詳細について解説します。

情報セキュリティエンジニアの仕事内容は?

情報セキュリティエンジニアは、主に次のような仕事を行います。詳しい仕事内容と合わせて見ていきましょう。

企画・提案

クライアントのシステムを分析し、セキュリティに関する企画や提案を行います。このような企画業務を行うエンジニアをセキュリティコンサルタントと呼びます。また、個人情報の漏えいなどプライバシー保護に関するニュースが話題になり、その影響でプライバシーマークの取得する企業が増加しています。そのため、システムの企画だけでなく、プライバシーマークの取得を手助けするエンジニアの需要も高まっています。

設計

企画内容をもとに設計を行います。システムの運用を行う以上、セキュリティのほかに、アプリケーションやサーバーなど細かい配慮が必要なため、専門性の高い知識が求められます。

実装

設計したシステムを実装します。プログラミング知識だけでなく、セキュアプログラミングといった専門性の高い技術が求められます。

テスト

ソースコードのチェックや実装したシステムが正常に機能するかテストを行います。実際のサイバー攻撃を擬似的に再現し、システムの脆弱性を確認する大切な業務です。

運用・保守

セキュリティ問題はアップデートを繰り返さなければ対応しきれません。そのため、システムを導入してからも運用と保守を続ける必要があります。
また、情報セキュリティエンジニアの中でも、サイバー攻撃を分析し、悪意あるソフトウェアからシステムを防ぐ業務をセキュリティアナリストと呼びます。外部からの攻撃により社内の機密事項や顧客情報が漏えいすると、会社にとって大きな損害です。サイバー攻撃の手法はさまざまであるため、解析には高度の技術が求められます。

情報セキュリティエンジニアはどんな会社で仕事をする?

情報セキュリティエンジニアは、高度なセキュリティ対策が必要な会社で仕事をすることが一般的です。
例えば、コンサルタント業を行う会社では抱える顧客情報の数が多く、他者の経営戦略など機密性の高い情報を扱っているため、サイバー攻撃を受けると甚大な被害が予想されます。ほかにも、金融系の会社では、クレジットカードといった個人情報を大量に保管しているため、万が一サイバー攻撃を受けると不正利用や悪用される恐れがあるのです。
インターネットが普及した昨今、IT技術を活用する会社は数多くあるため、情報セキュリティエンジニアの需要は高まっています。その中でも、個人情報や機密情報を扱うような会社では、特に情報セキュリティエンジニアが欠かせません。

情報セキュリティエンジニアで求められる経験や資格・スキルは?

情報セキュリティエンジニアには、次のようなスキルが求められます。

知識

セキュリティについてはもちろん、ネットワークやアプリケーションなど広範囲に及ぶ知識が必要です。また、プライバシーマークを取得する企業が増加しているため、各種制度に関しても把握していると良いでしょう。

コミュニケーション能力

システム運用が開始されるまでの間は、企画の提案などコミュニケーションが必要な場面は避けて通れません。セキュリティに詳しくない相手にも分かりやすく説明する必要があるため、円滑なコミュニケーション能力が必要です。

想像力

サイバー攻撃の手法はさまざまで、新たな手法が生まれ続けています。そのため、既存の攻撃だけを防ぐのではなく、今後の起こり得る事態までも想定しなければなりません。そのためには、固定概念にとらわれない柔軟な発想が必要です。

情報セキュリティエンジニアのキャリアプランは?

情報セキュリティエンジニアは、サーバーやネットワークを担当するインフラエンジニアからステップアップするのが一般的です。未経験でも実績を積みながらキャリアを広げていくことが可能ですが、エンジニアとしてのITに関する広範囲の知識が実務には不可欠です。スクールでITスキルを体系的に学ぶことも有用です。

インターネットやシステム開発の普及により、ネットワークやシステム運用における情報セキュリティは重要視されるようになっています。責任感やモラルを持ちながら、ネットワークやシステムの安定・安全運用を守ることは、企業運営や各種サービス、社会インフラの維持にもつながるため、大きなやりがいを感じることでしょう。

具体的なキャリアプランとしては次のようなものが挙げられます。

セキュリティコンサルタントへのキャリアアップ

情報セキュリティエンジニアとしての実績を積むことで、設計や実装に携わることができます。そこからキャリアアップすることでセキュリティコンサルタントとしての業務を行うことも可能になります。また、サイバー攻撃を防ぐホワイトハッカーという道も存在しています。

大企業への転職

セキュリティエンジニアの需要は高まっているため、スキルや実績を身につけることで、転職を有利に運べます。IT業界は今後も発展していくことが予想されるため、高い技術を持つセキュリティエンジニアは需要が見込めるでしょう。

これまでの職務経験や自分のスキルを活かして自分らしく仕事をすることは、派遣社員として働くメリットの一つです。Modisでは、皆さまが思い描くキャリアプランの実現をサポートするとともに、お一人お一人の働き方に合った多様な求人をご紹介しています。ぜひModisで希望のお仕事を探してみてください。