DTP・制作の仕事とは

DTPは、DeskTop Publishing(デスクトップパブリッシング)の略称で、日本語では「机上出版」や「卓上出版」と訳されます。書籍、新聞などの編集作業をパソコン上で行う仕事ですが、DTP・制作の現場とはどのようなものなのでしょうか。DTP・制作にかかわる職種と具体的な仕事内容の紹介をしながら、必要とされるスキルなどの詳細について解説します。

DTP・制作の職種と仕事内容は?

パソコンが出現する前まで、印刷物の作成は活字を組む作業が必要でした。今では、DTP・制作でその工程のほとんどをパソコン上で行うため、人手や時間が大幅に削減されています。
出版物や印刷物の制作の流れは、一般的に次のようになります。

各工程にかかわる職種には、主に次のようなものがあります。

制作ディレクター(または編集者)

印刷物の制作にあたり、統括的な立場から指示を出し、作業全般についての責任を担います。制作物に関してのクライアント側の要望を把握し、実現できることが目的です。また、自らデザインを作成し、クライアントへのプレゼンテーションを行うこともあります。

編集・ライター・校正

印刷物の企画から作家・クリエイターへの執筆依頼、取材から原稿の受け取り、原稿整理など、完成までの過程に幅広くかかわる仕事です。必要に応じて自身が記事を書く場合もあります。

DTPデザイナー(またはデザイナー)

DTPデザイナーは、その名の通り印刷物のデザインを担当します。グラフィックデザイナーと同義に扱われることもありますが、印刷物のデザインを行うデザイナーを区別して称されます。文章、写真、イラストなどの位置をDTPソフトを使ってレイアウトしていきます。

DTPオペレーター

デザイナーによるデザインの原案を、指示に沿って実際の印刷物として出力できるようにデータとして作成します。パソコンのモニターで表示される文字やデザインを印刷物用のデータにするためには特有のルールがあります。DTPオペレーターは、文字詰めや禁則処理、フォント指定、画像処理設定など、印刷ルールにのっとって印刷物として出力できるデータに整えます。

DTP・制作はどんな会社で仕事をする?

DTP・制作関連の仕事の就業先としては、デザイン会社、出版社、広告代理店、編集プロダクション、印刷会社などが挙げられます。雑誌や書籍の発行を自社で手がける大手以外にも、DTPや制作の専門会社として制作物の依頼を請け負う会社があります。パンフレットや小冊子、チラシ、広告などさまざまなジャンルの印刷物制作でニーズがあり、事業規模も多彩です。
パソコン上で多くの工程を済ませることができるため、企業によっては自社内にDTP担当の部署を設置しているケースも見られます。

DTP・制作で求められる経験や資格・スキルは?

DTP・制作の仕事で求められる経験やスキルには、主に次のようなものがあります。

色や印刷、使用ソフトウエアに関する基礎知識

いくらパソコンに詳しくてもDTP業界特有の用語やルールが分からなければ、印刷物の制作に携わることはできません。例えば、「色校正」や「組版」、「完全データ入稿」などと聞いて、即座に対応できる程度の基礎知識は必要とされます。RGBカラー、CMYKカラーなど表現方式の違いといった色に関する知識も必須です。職種にもよりますが、Photoshop、Illustrator、InDesign、QuarkXPressなど、代表的なソフトウエアの理解と最低限の操作スキルは必要となります。

DTP制作のワークフローへの理解とコミュニケーション能力

印刷物を制作する工程では、各職種が連携をしながら進めていきます。DTP制作のワークフローをしっかりと理解することが必要となります。で円滑に作業を遂行できるでしょう。
また、制作ディレクターや編集者、デザイナーなど多様な担当者との緊密なかかわりが発生します。お互いの意図を的確に把握していくためにはコミュニケーションスキルが求められます。

DTP・制作に役立つ資格

DTPに関連する資格としては、「DTP検定」や「DTPエキスパート」などがあります。DTPについての基礎知識を学ぶのにも役立ちます。DTPデザイナーを目指すのであれば、どのような現場でも汎用性の高い「アドビ認定エキスパート」がおすすめです。

DTP・制作のキャリアプランは?

DTP・制作は、主に出版業界や印刷業界での需要がある職種です。経験を積むことで、多様なキャリアプランを描くこともできます。未経験でも可能な職種ですが、特にDTPでは専用のソフトウエアの操作方法や、デザインの基礎知識などはスクールや資格取得の勉強などで備えておく必要があるでしょう。
いずれの職種も、印刷物の企画やデザイン、制作を通して、書店や広告など多くの人の目に触れる場所で自分が手がけた制作物を見つけた時には達成感が得られたり、やりがいを感じることでしょう。

統括的な立場へのキャリアアップ

DTP・制作のキャリアの多くは、DTPデザイナーやDTPオペレーター、校正などからスタートします。DTPデザーナーは、広告やチラシなどの印刷物のデザインを立案し、IllustratorやPhotoshopを使ってデザインデータにする制作経験を積み重ねます。DTPオペレーターは、デザイナーが制作したデザインデータをInDesignやQuarkXPressなどの組版ソフトを使って印刷可能なデータに仕上げる工程を経験します。また、印刷物の制作では、原稿整理や文字校正、印刷データの入稿といった印刷物が出来上がる作業に携わって一連の工程の経験を積みます。
キャリアアップを図るためには、DTP・制作ディレクターなどのマネジメントポジションを目指すのが有効です。

独立・起業

DTPデザイナーの場合には、企業のインハウスデザイナーから独立するという方法もあります。DTPという特性上、あらかじめある程度のクライアントを獲得しておくことが必要です。

転職

デジタルスキルを磨くことで、紙媒体とWeb媒体を組み合わせた「クロスメディア」に力を入れている企業へ転職するという選択肢もあります。出版業界や印刷業界に限らず、広報・宣伝部門、オウンドメディア事業を展開している会社は業種を問わずあるため、積み重ねたキャリアを足がかりに、企業規模の大きな会社や異業種へ転職することも可能です。
これまでの職務経験や自分のスキルを活かして自分らしく仕事をすることは、派遣社員として働くメリットの一つです。Modisでは、皆さまが思い描くキャリアプランの実現をサポートするとともに、お一人お一人の働き方に合った多様な求人をご紹介しています。ぜひModisで希望のお仕事を探してみてください。