CADオペレーター、製図(建築・土木・プラント)の仕事とは

CADオペレーター、製図(建築・土木・プラント)は、建築・土木・プラント技術者が設計した形や図面をCADデータとして製図する仕事です。CADオペレーター、製図(建築・土木・プラント)の仕事内容や求められるスキル、キャリアプランなどの詳細について解説します。

CADオペレーター、製図(建築・土木・プラント)の仕事内容は?

建築物や、橋梁・道路などの土木工事、プラントの建設を行うためには、いきなり工事をはじめるのではなく、技術設計者がしっかりとした構造計算をした上で、設計図を作成し、国土交通省など管轄の関係当局へ申請して承認を得なければなりません。そのため、CADオペレーター、製図(建築・土木・プラント)の業務をするためには、ある程度の設計や製図の知識が必要となります。
しかし、専門的な知識については技術設計者が有しているので、技術設計者が要望・指定した通りの図面を製図できることがポイントになります。近年では、3次元データを用いる3DCADをはじめとして、業務に応じてさまざまなCADを使用するケースもあるので、それぞれのソフトを駆使して、製図や、設計変更時・不具合時の対応をすることもあります。
主な仕事内容は業種別に次のようになります。

CADオペレーター、製図(建築)

建築系の業種では、主に設計補助としての仕事を行います。すでに作成されているCAD図面の編集や修正だけではなく、手書きの図面を見ながらCADを用いてトレースすることもあるでしょう。中には専門用語で指示されることも多いため指示内容を正確に把握して製図していきます。また、CAD作成するための設計図面に間違いがないかのチェックをすることも必要です。

CADオペレーター、製図(土木)

土木系の業種では、主に道路や橋梁などの土木工事に関する設計補助としての仕事を行います。構造計算などの知識が必要になることもあり、土木設計の基礎知識が求められます。設計図からCADデータへのトレース、作成済みのCAD図面の修正などを行います。

CADオペレーター、製図(プラント)

プラント系の業種では、工場やプラントなどの建設に関する設計補助としての仕事を行います。プラントはビルなどの一般的な建物と違い、プラント設備や配管などが複雑になりがちです。設計技術者が作成したCAD図面の編集や修正を行うためには、プラント建設に関する一定の知識が必要となります。

CADオペレーター、製図(建築・土木・プラント)はどんな会社で仕事をする?

建築、土木、プラント業種でのCADオペレーター、製図の職種は、主に次のような業界が就業先として挙げられます。

このほかにも、各業界で使用するCADソフトなどの取り扱いをしている業界において、ソフトの販売やサポートを行うための技術者として就業することもあり、幅広い業種において需要があると言えます。
主な就業先としては次のようなものがあります。

建設コンサルタント会社

建設コンサルタント会社は国土交通省に登録された会社で、官公庁や民間企業の発注を受けて道路や河川といった社会インフラの整備計画・調査提案業務などを行っています。その中で、技術設計者、またはその補助者として業務を担当します。

建築設計事務所

建築物の設計を主に行うのが建築設計事務所です。個人住宅から大規模なビル、公共施設など多種多様な建築物が対象です。法律で定められた小規模な建物を除き、建築士でないと建物は設計できません。土地の調査や測量などから、建築設計、工事、引き渡しまで、建物が完成するまでのさまざまな業務範囲があり、主に設計段階でのCADオペレーター、製図の業務を担当することになります。

CADオペレーター、製図(建築・土木・プラント)で求められる経験や資格・スキルは?

建築、土木、プラント業種での、CADオペレーター、製図の職種で働く場合、経験や資格などは主に次のようなものがあれば役立てることができるでしょう。ただし、資格やCADソフトウエアの使用経験が必須というわけではありません。それよりも各業界の知識を備えていると、実務作業がスムーズに行えるため優遇される傾向です。未経験者であってもアシスタントとして業務に従事しながら、必要な知識を一から教えてくれるというケースもあります。

CADの使用経験があると即戦力に

建設コンサルタント会社や建築設計事務所などに過去、就業したことがあり、次のような具体的な業務経験があると良いでしょう。

建築、土木、プラント業種においては、専用のCADソフトウエアを使用してデータを作成していきます。この際、各業界の知識を知っていると実務作業がスムーズになるため、優遇される傾向です。
例えば、建築設計事務所では、「Φ」はファイと読み丸形の直径を指す、といった建築用語を理解しているかどうか。建設コンサルタント会社では、橋梁設計の知識や道路図面を読めるかどうか。プラントメーカーでは、配管を通した際の配管の曲線部の強度設計ができるかどうか。といった知識がある人が求められるケースが多くなります。

あると役立つCADソフトウエアの使用経験

使用できるCADソフトウエアがあると、アピールポイントの一つとなります。各業界で使用されているCADソフトウエアには次のようなものがあります。なお、プラントメーカーなどはオリジナルのCADソフトウエアを使用していることがあり、一概にこのソフトウエアということは言えません。

求められるスキル

設計図を作成するのは技術設計者ではあるものの、オペレーターとしてCADデータを作成・修正したり、製図を扱うには、設計に関する知識や専門用語を覚えていると効率良く業務できるでしょう。さらに、作成中に間違っている設計箇所などにも気づくことができます。

CADオペレーター、製図(建築・土木・プラント)のキャリアプランは?

CADオペレーター、製図(建築・土木・プラント)の仕事では、設計補助として設計者のサポートを行いながらCADデータを作成していく必要があります。そのため、経験の有無やスキルの有無が大きく評価される傾向です。
会社によっては未経験者でもかまわないというケースがあるものの、比率としては少ないため、未経験者が就業するハードルは高いと言えます。もし未経験からはじめる場合は、基礎知識やCADスキルをスクールなどで勉強をしておくと良いでしょう。
設計者の設計をサポートして設計図を仕上げていく作業は、正確性やスピード感が求められ、常に緊張した気持ちで仕事をする必要があるかもしれません。そのぶん、自分が作成したCADデータをもとにした道路や橋、建物が出来上がり、それを目のあたりにした時には、大きな達成感が得られることでしょう。

建築、土木、プラント業種の技術設計者

未経験からはじめた場合、設計に関する知識をあまり持っていなかったとしても、CADデータの作成に携わっていくことでより深い知識を蓄えていくことができるでしょう。CADオペレーターや製図作成の仕事を経験していくことで、最終的には自分で設計ができるようになる可能性があります。
これまでの職務経験や自分のスキルを活かして自分らしく仕事をすることは、派遣社員として働くメリットの一つです。Modisでは、皆さまが思い描くキャリアプランの実現をサポートするとともに、お一人お一人の働き方に合った多様な求人をご紹介しています。ぜひModisで希望のお仕事を探してみてください。