データアナリストの仕事とは

近年、ビックデータを活用する企業は増加傾向にあり、テクノロジーの進化に伴ってその重要性はますます大きくなっています。それと同時にビックデータをはじめデータの分析を業務領域とするデータアナリストの需要が高まっています。データアナリストの仕事内容や求められるスキル、キャリアアップなどの詳細について解説します。

データアナリストの仕事内容は?

データアナリストは、直接データ集計の作業をするわけではなく、集まった情報をもとに分析を行う仕事をします。また、データアナリストの仕事は、主に次の2つのタイプに分類されています。

コンサル型データアナリスト

コンサル型データアナリストは、企業や事業の課題を解決するための仕事をします。仮説を設定し、その仮説に基づいてデータ分析を行うことで具体的な解決方法を見出していきます。分析に関する知識だけでなく、マーケティングへの知見も求められます。

エンジニア型データアナリスト

ビックデータなど大量のデータを分析することで、消費者の行動特性などビジネスへ活用できるような規則性を見出します。大量のデータの中から一定の規則を見つけることは容易ではないため、より高度な分析技術が必要です。

データアナリストはどんな会社で仕事をする?

データアナリストが活躍する場所は仕事内容によって異なります。ここでは、コンサル型とエンジニア型のタイプ別にご紹介します。

マーケティング会社やコンサルティングファーム

マーケティング会社やコンサルティングファームで求められる傾向にあるのが、データアナリストの中でもコンサル型データアナリストです。経営層や上層部へのコンサルタントとは違い、現場レベルから具体的な提案を行います。

メディア企業やポータルサイト運営会社

ソーシャルゲームプラットフォームやメディア企業、ポータルサイトの運営会社などで求められる傾向にあるのが、データアナリストの中でもエンジニア型データアナリストです。ユーザーの行動履歴からサイトデザインの判別を行うなど、データ分析の対象範囲は非常に広いため、そのニーズはますます拡大していくことが予想されます。

データアナリストで求められる経験や資格・スキルは?

データアナリストになるための特別な資格というものはありませんが、ITに関するさまざまな知識が必要です。

コンサル型データアナリストに求められる経験やスキル

コンサル型の場合は、次のようなスキルが必要とされています。

データアナリストには当然データを分析するための「分析力」スキルが必要ですが、特にコンサル型では課題を解決するための「仮説立て」や、それらを検証するための「統計に関する知見」が求められます。あらゆる事象に対し疑問や興味を抱くような着眼点も大切です。経営戦略やビックデータを解析して、新たなサービス開発や市場分析を行う「マーケティング能力」も欠かすことができません。データベースとのやりとりを行うことに特化したプログラム言語の「SQL」や「R」を使いこなす知識も必要となります。

エンジニア型データアナリストに求められる経験やスキル

一方のエンジニア型の場合は、次のようなスキルが必要とされています。

エンジニア型は端的に言えば、蓄積されたデータを整形する(集計・解析・加工)技術が必要となります。そのためには「統計解析」や統計的な解析手法の「時系列解析」など統計学の知識や知見が求められます。またビックデータ解析の分野では、人間と同様な学習能力をコンピューターに行わせる「機械学習」を用いて、大量のデータの中から規則性や有用なルールを発見する「データマイニング」や、人間が使っている言葉(テキスト)をコンピュータで解析する「自然言語処理」についての知見も必要となります。ビックデータを処理するために広く使われている基盤「Hadoop」、処理方法「MapReduce」への理解も不可欠です。
これらのスキルから分かるように、エンジニア型はコンサル型よりもデータの読解的な能力に重きが置かれています。表立って目立つような仕事ではありませんが、データ解析によって成果を導き出すためには欠かせないため、陰の立役者のような存在です。

データアナリストの職種で役立つ資格

実務経験がない人であっても、データ分析の仕事をすることは可能です。その際、次のような経験があれば優遇される可能性があります。

また、実際経験がなくても、解析ツールを利用したことがある人や、システムエンジニア(SE)として働いた経験がある場合は、データアナリストへの転身も可能です。

データアナリストのキャリアプランは?

データアナリストという職種は歴史が浅いため、必要とされるスキルは幅広く、正確な定義が難しい面があります。その反面、ビッグデータなど大量のデータを分析して、経営戦略やマーケティングに有効活用する需要が高まっており、未経験者でも可能な職種と言えます。
データアナリストになるためには、統計学の知識や、統計学を理解するための数学の知識、データ抽出に使う各種ソフトウエアやツールなどを使いこなすスキル、データ分析のための技術への理解が不可欠となります。
データアナリストで必要とされるスキルは幅広いため、身につけておけばキャリアプランを大きく広げることができます。事業戦略へのコンサルティングや、データ分析業務や最新技術に興味があり、最先端のビックデータの解析領域に携われることが最大のやりがいです。
データアナリストの主なキャリアプランは次のようなものです。

希望する企業への就業

データアナリストを必要とする企業は増えていますが、データ分析のインフラが整っておらず、大量のデータ分析に対応できていないケースも珍しくありません。そのため、データ分析に関する経験を積んでおくことで、希望の企業に就業することが可能です。

異業種での就業

データアナリストは、マーケティングやコンサルタントなど、データ分析以外の経験とキャリアを積むことができます。その経験を活かすことでさまざまな業種・業態で活躍することが可能です。

これまでの職務経験や自分のスキルを活かして自分らしく仕事をすることは、派遣社員として働くメリットの一つです。Modisでは、皆さまが思い描くキャリアプランの実現をサポートするとともに、お一人お一人の働き方に合った多様な求人をご紹介しています。ぜひModisで希望のお仕事を探してみてください。