その他クリエイティブの仕事とは

クリエイティブ系というと、Web制作や映像制作、ゲーム制作などの分野を思い浮かべる人も多いようですが、実はクリエイティブ系の仕事は生活のいたるところにかかわっています。Web制作や映像制作、ゲーム制作以外のさまざまな分野のクリエイティブ系の仕事について、職種や仕事内容、キャリアプランについて解説します。

その他クリエイティブの職種と仕事内容は?

Web制作や映像制作、ゲーム制作以外には、どんなクリエイティブ系の仕事があるのでしょうか。その他クリエイティブの職種には次のようなものがあります。

パッケージデザイナー

パッケージデザイナーは、商品を包むための包装紙や箱、袋、容器など、パッケージデザインや企画をする仕事です。

エディトリアルデザイナー ・ブックデザイナー(装丁家)

エディトリアルデザイナーは、書籍の目次や紙面構成を行ったり、雑誌などのレイアウトを担当したりするのが仕事です。一方のブックデザイナーは、本の表紙やカバーなどの造形を行います。

インダストリアルデザイナー・プロダクトデザイナー

インダストリアルデザイナー・プロダクトデザイナーは、日常的に一般社会で使われる工業製品のあらゆる物品のデザインが対象です。自動車から文房具、家電、家具、キッチン用品などの日用品まで、企画と設計を担当することが多いようです。

モデラー

モデラーは、本素材で造形される前のモックアップと呼ばれる試作モデルを作成する仕事です。クレイや樹脂、発泡材などさまざまな素材を使ってモデルイメージを具現化します。

インテリアデザイナー

インテリアデザイナーは、室内空間にかかわるデザインを行い、その対象は多岐にわたります。住宅、店舗、オフィスなどの不動産系から、飛行機や自動車の内部についてもインテリアデザイナーの仕事の領域です。

店舗デザイナー・ディスプレイデザイナー

店舗デザイナーは、レストランやホテル、美容院、服飾店、コンビニなどその業態に特化したレイアウト・什器の配置、照明などを企画考案します。ディスプレイデザイナーは、ショーウィンドウや売り場、展示場などの「見せ方」について企画・提案を行います。

ファッションデザイナー

ファッションデザイナーは、服飾関連のデザインの仕事です。服飾メーカーに就業する場合がほとんどですが、独自のブランドを立ち上げてオリジナルデザインをするオートクチュールデザイナーとして活躍する有名デザイナーもいます。

舞台衣装・コスチュームデザイナー

舞台衣装・コスチュームデザイナーは、演劇や映画、ドラマ、テーマパークのキャラクターなどの衣装をデザインする仕事です。

マーチャンダイザー・プランナー

マーチャンダイザー・プランナーは、商品の販売に際しての情報・データ分析を行い、マーケティング戦略に貢献する仕事です。

その他クリエイティブはどんな会社で仕事をする?

パッケージデザイナーであれば、広告代理店やその商品を扱うインハウスデザイナーとして働くか、またはデザイン事務所に勤めることになります。エディトリアルデザイナーやブックデザイナーは、出版社などのデザイン部署、もしくは書籍系に強いデザイン事務所が多い傾向です。

プロダクトデザインを行うインダストリアルデザイナーやプロダクトデザイナーはメーカーのデザイン部門や商品開発部か、同じくプロダクトに精通したデザイン事務所などで働くのが一般的です。インテリアデザイナーや店舗デザイナー・ディスプレイデザイナーの場合には、家具メーカーや建築会社、設計事務所、インテリアを扱う企業、デザイン事務所などさまざまな活躍の場が見られます。

その他クリエイティブで求められる経験や資格・スキルは?

クリエイティブ系の職種で求められるスキルや能力としては、次のようなものが考えられます。

完遂能力

クリエイティブ系の仕事は、その道に対しての興味や熱意があることはもちろんですが、趣味の延長線上ではプロとして成り立ちません。各専門職としての基礎的なスキルや知識は当然のことながら、クライアントの意向に沿った作品や製品を仕上げられる能力が重要となります。

体力

クリエイティブ系という響きから、アーティスティックな仕事をイメージされることもあるようです。しかし、実際の現場ではスケジュールをもとに納期が定められています。ビジネスとして損失を出さないためには、納期に間に合うように作業を完了させなければなりません。創造性のある仕事ではありますが、何よりも体力が求められるともいわれています。

柔軟な対応力

クリエイティブ系の仕事=アーティストではありません。必ずクライアントが存在し、その希望に添うことが命題となります。自身が出来栄えに満足しても、クライアントが納得しなければ作業は終わりません。クライアントの注文に対応できる、柔軟な姿勢で取り組むこともスキルのひとつです。

トレンドを捉える力

トレンドはやがて陳腐化し、次々と新しいニーズが出てきます。クリエイティブ系の職種に就く場合には、常に業界や社会の動きに対して鋭敏な感覚が求められます。トレンドを捉える力、未来を探る能力がクリエイティブ系の職種には欠かせません。

クリエイティブ系の仕事に役立つ資格

職種によって役立つ資格はさまざまですが、仕事に役立つ主な資格は次のようなものです。

その他クリエイティブのキャリアプランは?

クリエイティブ系の仕事の中には、まったくの初心者からでも雇用されるものあります。その場合は一般的に、先輩スタッフの指導やチームの一員として加わり、アシスタントなどの立場で業務に必要な基本知識や仕事の進め方を現場のOJTを通じて一通り習得していきます。企画段階から実製作までの実務スキルを積み上げながら、プロフェッショナルを目指すという仕事も少なくないようです。
自分のアイデアやセンスを活かす楽しさや、制作過程を経てそれが出来上がった時の達成感が大きなやりがいです。才能が認められて次の仕事を指名されたり、有名デザイナーになれるなどチャンスが大きいことも魅力です。
クリエイティブ系のキャリアプランとしては次のようなものが挙げられます。

リーダーや統括責任者を目指す

クリエイティブ系の仕事の場合でも、企業の中の部門からスタートする職種が多く見られます。経験とスキルを積んでいくことで、リーダー的な役割を担えるようになり、最終的にはその部門の統括責任者を目指すこともできます。仕事の裁量権が広がり、企画や提案も通りやすくなります。

大手企業・専門企業への転職

専門的なスキルをひと通り身につけられれば、自分の望む方向の仕事ができる企業への転職も叶うようになります。クリエイティブ系の仕事は即戦力となる人材を求めていることが多いため、規模の大きな企業への転職も可能です。また、企業内の該当する部門で働いていた場合には、専門に特化したデザイン会社やクリエイティブ系の企業に転職する道もあります。

独立・起業・経営者

クリエイティブ系の職種では、フリーランスで働く人も多く見られます。各業界では人材についての情報がいきわたるため、腕に自信があれば、個人の力量のみで活躍していくことが可能です。また、デザイン会社を設立し、経営者となって仕事を受注する働き方もあります。
これまでの職務経験や自分のスキルを活かして自分らしく仕事をすることは、派遣社員として働くメリットの一つです。Modisでは、皆さまが思い描くキャリアプランの実現をサポートするとともに、お一人お一人の働き方に合った多様な求人をご紹介しています。ぜひModisで希望のお仕事を探してみてください。