プログラマ(PG)の仕事とは

システムやソフトウエアに関する職種は幅広くありますが、プログラマ(PG)の仕事は、システムやソフトウエアが動くようにプログラムをつくることです。プログラマ(PG)が受け持つ仕事内容をはじめ、求められる経験や資格、スキルなどの詳細について解説します。

プログラマ(PG)の仕事内容は?

プログラマ(PG)の仕事は、コンピューター独自の言語であるプログラム言語を用いて、さまざまなシステムやソフトウエアをつくることです。

コンピューターの処理が正しく実行されるようプログラミング

プログラマ(PG)がつくるシステムやソフトウエアは、あらゆる場所に見られます。各種業務システムをはじめ、金融システムや医療システムなど公共性が高いものから、スマホや電化製品など暮らしの中で使う身近な機器もプログラムによって動いています。

仕様書に基づいて設計通りにコンピューターの処理が実行されるように、プログラムコードを記述します。1つの処理だけで完成することはほとんどなく、複数組んだプログラムがシステム全体で正しく動作するように、組み上げていきます。なお、プログラム言語と一言で言っても、さまざまな種類の言語が存在しています。例えば、PG(VBA)と称される場合はVBA言語に特化しているプログラマです。

システムエンジニア(SE)との違いは?

システムエンジニア(SE)と同じように考えられる傾向がありますが、システムエンジニア(SE)は、システム開発における全体のシステム構成設計やテストなどを行う仕事です。それに対してプログラマは、システムエンジニアが設計した仕様書をもとにして、実際のシステムのプログラミングを組んでいく部分を担当します。

正常動作させるためのバグとりも重要

システムエンジニアが作成した仕様書の通りにプログラムを組んだとしても、どうしても正常に動作しないことがあります。仕様に不備があると、意図した通りにプログラムが動かなくなってしまうのです。プログラマはプログラミングをしながら、このようなバグを発見して改善していくことも重要な仕事といえるでしょう。

プログラマ(PG)はどんな会社で仕事をする?

プログラマ(PG)の就業先としては、次のような業界が考えられます。自社開発の担当として働くケースもありますが、クライアント先へ常駐して就業することが多い傾向にあります。

システム開発会社

システム開発会社はプログラマ(PG)の一般的な就業先です。システム開発会社にはさまざまな業種・業態があり、Webシステム開発会社をはじめ、企業における基幹システムを開発している会社、スマホアプリの開発・サービス会社など、企業によって得意としている分野が異なることがほとんどです。

Web制作会社

Webサイトの構築や独自のSNS・サービス構築などを行うWeb制作会社は人気の就業先の一つです。技術の変化が激しいことから、常に最先端の知識や技術を身につけておく必要があるでしょう。

ゲームアプリ開発会社

ゲームアプリ開発会社は、近年需要の高い業界の一つです。中でもスマホ向けのアプリゲーム市場規模は拡大しており、ゲーム開発をしている企業での採用の動きも活発な傾向にあります。

メーカー

家電や自動車などのメーカーでは、ジャンルを問わずプログラマ(PG)の需要は高い傾向にあります。どのようなものでも「電子」で動いているものはプログラムによって動作が決められています。開発スパンも比較的短くなる場合もあるため、常に新しいプログラム開発能力が求められるでしょう

プログラマ(PG)で求められる経験や資格・スキルは?

プログラマ(PG)は未経験から始めることも可能な職種ですが、即戦力として求められる経験やスキル、保有していることで有利となる資格はあります。

プロジェクト参加経験やコミュニケーション能力が大切

プログラマ(PG)は未経験から採用されて、OJTを通して技術や知識を習得していくことも可能です。しかし、実際にプログラムを組んだことがある経験やプロジェクトに参加した経験数が多ければ、企業からの評価は高くなるでしょう。また、システムエンジニアとのコミュニケーションを通して、仕様書をしっかり読み取り必要なプログラムを組めむことができる能力が必要となります。

取得すれば企業評価も得られる役立つ資格

プログラマ(PG)の仕事をする際に役立つ資格には次のようなものがあります。

資格を持っていないとプログラマ(PG)になれないということはありません。必須の国家資格などはないため、無資格であっても就業することは可能です。しかし、未経験からプログラマ(PG)になろうとする場合は、上記に記載しているような資格があれば、企業から評価してもらうことが期待できるでしょう。

プログラマ(PG)のキャリアプランは?

プログラマ(PG)のキャリアプランとしては、一般的にプログラミングスキルを積んだ上で、システムエンジニアとなり、そこからプロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーを経て、マネジメントスキルを磨いていくという流れが多い傾向です。キャリアアップを目指す際は、「プロジェクトマネージャーなどの総合的な力を持ったキャリア」や「スペシャリストとして成長していくキャリア」など、方向性を明確にしておく必要があるでしょう。
未経験の場合でもプログラマになることは可能ですが、必ずプログラミングスキルを習得しなければ仕事ができません。プログラミングスクールなどで、マスターしたいプログラム言語をしっかりと学ぶ必要があるでしょう。その際は、市場で需要があるプログラム言語や、就きたい業種でトレンドなプログラム言語を研究して習得スキルを選ぶと良いでしょう。
プログラマ(PG)は、あらゆる分野で求められている職種です。電化製品やWebサービスが、自分が組んだプログラムによって実際に動く様子を目にした時には達成感を得ることができるでしょう。IT分野の最先端で、システムやソフトウエアというものづくりに携わることができるのも魅力の一つです。

プログラミングの専門性を高める

近年では特にプログラミングに関係するスキルを専門的に磨いていくというキャリアプランも増えています。例えば、医療やバイオテクノロジー分野、ビッグデータや言語処理など情報分野などの知識や経験を高めることで、企業の需要にマッチする可能性は高くなります。

プロジェクトマネジメントなど総合的なキャリアを目指す

開発に関する知識を豊富に有した上で、プロジェクトマネジメントや企画、マーケティング力や経営に関する幅広い知識を有したエンジニアとして活躍することも可能です。例えば、プロジェクト管理に興味がある場合は、法人向けシステムを取り扱う経験を積むことでキャリアアップを図ることができるでしょう。

これまでの職務経験や自分のスキルを活かして自分らしく仕事をすることは、派遣社員として働くメリットの一つです。Modisでは、皆さまが思い描くキャリアプランの実現をサポートするとともに、お一人お一人の働き方に合った多様な求人をご紹介しています。ぜひModisで希望のお仕事を探してみてください。