松原裕也さん×天貝卓さん:Modis就業者、講師インタビュー

未経験からエンジニアを目指し、Modisのエンジニア正社員(無期雇用派遣)としてModisに入社した松原さん(写真右)。大学卒業後はバンドマンとして活動していたため、正社員としては初めての就業になります。松原さんは、なぜModisでエンジニア正社員として働くことを選んだのでしょうか。

今回は、松原さんが就業前に受けた研修の講師、天貝さん(写真左)もお呼びして松原さんがどのようにして未経験からエンジニア正社員として就業するに至ったのか、そして今後のキャリアプランについてお聞きします。

Profile

松原裕也さん

大学卒業後、アルバイトをしながらバンドマンとして活動。その後、IT業務に携わりたいと考え、エンジニアを目指して就職活動を行いModisに出会う。未経験エンジニア正社員向けの研修でLinuxサーバーコースを受講し、LPIC-1(Linux技術者の技術者認定資格)にも合格。現在は、お客さま企業で社内SEとして基幹システムの運用保守を担当している。

天貝卓さん

IT業界1年目はサーバーの運用監視を担当。2年目以降はデータベースエンジニアとして、Oracleを中心にシステム移行プロジェクトに参加。また、プロジェクトの傍らエンドユーザーへのDBサポートを行う。2018年に教育をしたいという思いが強くなり、株式会社VSNにTechnical Adviserとして入社。Linuxを中心にサーバーエンジニアの養成を実施。最近はAWSやRPAツールの一つであるUiPathの研修などを行っている。

もともと興味のあったITの現場で働きたいと思った

――未経験からエンジニア正社員を目指すようになったきっかけについてお聞かせください。

松原さん:もともとIT分野に関心があり、大学は情報系の学部に入学しました。日々新しいものが現れるITの世界で仕事として携われるなら楽しそうだな、と考えていました。

大学卒業後は、学生時代から続けていたバンド活動を続けながらアルバイトをする毎日。バンド活動を続けていきたいという想いもありましたが、周囲の友人が就職していることに引け目や焦りも感じていましたね。

しばらくして、尊敬していた先輩が、エンジニアの、しかも正社員として働き始めることになったんです。バンドで芽が出ず、今後の将来に危機感を持ち始めて就職活動を始めたという話を聞き、自分もエンジニアなら未経験から始められるかも、と思い求人を探し始めました。

――Modisを知る経緯はどのようなものですか?

松原さん:もともと、紹介予定派遣求人を探してAdecco(※)に登録。そこで2社ほどご紹介を受けたのですが、残念ながらご縁はありませんでした。その後、他社で内定をいただけたものの、フィーリングが合わずに辞退させていただきました。

そんなとき、アデコ株式会社のIT・エンジニア派遣に特化したModisを知りました。Modisには、未経験エンジニア正社員という選択肢があり、親身に相談にものっていただけ、エンジニアで正社員を目指そう、と改めて思いましたね。

もともと、ModisからはAdeccoを登録している際にメール経由でModis Engineer Academyなど、就業をサポートしてくれる研修制度のご案内をいただいており、Modisならスキルアップできそう、と思っていました。未経験エンジニア正社員の場合は研修制度が整っていることも魅力の一つでした。

――現在の職場では、どういった業務を担当されているのですか?

松原さん:今は、お客さま企業で社内SEとして従事しています。基幹システムの運用保守を任せていただいていて、汎用機を使って銀行などで使われている電子帳簿などのシステムの監視やエラーチェックを行っています。あとはPCやモバイルルーター端末を貸し出したり、ユーザー認証サーバーでの設定変更などの業務も行っています。

研修は座学とグループワーク。大変だがやりがいがあった

――就業前に受けた研修はどのような内容だったのでしょうか?

松原さん:研修は前半が座学、後半はグループワークがありました。確認テストが多く大変でしたが、過去に受けたテストは何度も受け直すことができますし、完全にわかるまで繰り返せるので、確実に成長が実感できてむしろやりがいを感じましたね。

天貝さん:研修はペースが早くて覚えることも多いので少し大変かもしれません。ですが、すべてをその場で覚えられる研修生はまずいませんので、テストはあくまでその時点での理解度のチェックのために行っています。

後半のグループワークは、「打ち合わせ」という形で実際の現場を想定した研修を行います。この打ち合わせは複数回実施するので、現場に入るまでは他のメンバーと二人三脚のような、とても緊密な環境での研修になりますよ。

現場に沿った実践式の研修が就業先でも生きる

――天貝さんは講師でもありますが、グループワークでは仮想のクライアントにもなると伺いました。

天貝さん:そうですね。講師としてアドバイスする立場と、クライアントとしての立場を使い分けて行っています。実践式なので、クライアントとしての目線で普段は対応をしつつ、必要な時は講師としてアドバイスするようにしています。

松原さん:そのおかげで、課題に対してどう向き合えばいいのか、自分自身でシミュレーションがしっかりできるようになりました。研修の中ではチームワーク思考が養うことができ、それは今も現場で生きています。

――研修中の印象的なエピソードはありますか?

松原さん:システム構築研修の中である課題にぶつかったことがあったのですが、天貝先生に相談すると「答え」ではなく「考えるべきポイント」を教えてくれたことがありました。天貝先生のアドバイスをもとにグループでもう一度課題に向き合った結果、自分たちで解決することができたのはうれしかったですね。

天貝さん:問題に対してヒントを出した上で、問題解決自体は自力で行うという研修は、現場を意識したものなんです。決まった知識だけを覚えても、現場で役に立たせるのは案外難しいものですよね。課題に対して自分たちで考え、どうしたら解決できるのかを周囲を巻き込みながら行うことは、現場で働く際に実践的で役に立つスキルです。研修ではそうした実践に沿った訓練になるよう意識しているんですよ。

――研修で一緒に学んだ方と研修後も連絡を取り合うことはあるのでしょうか。

松原さん:最初に受けた他のクラスの方との合同研修で、意気投合した方がいましたね。LINEも交換して、今でも近況を報告しあっています。同じタイミングで研修を受けて試験や業務の打ち合わせもするので、いろいろと話し合えるのは本当に心強かったです。

天貝さん:研修を受けた同期同士で連絡を取り合うことはよくあるようです。ただ、研修の開催地が東京でも就業先が関東とは限らないので、離れてしまうこともあります。それでも連絡を取り合って集まったりする人も多いようです。

――研修を受けて自分の中で働く意識に変化はありましたか?

松原さん:研修中は、重要なタイミングで質問がないかを天貝先生が確認してくれたり、毎回親身になって答えてくださったので、きちんと理解に繋がりました。そのおかげで、疑問を疑問のまま放置せずに解決する意識がついたと思います。

また、「わからないことは現場でも積極的に聞いていい」という考えを身に付けることができたのは大きな収穫でした。今の現場でもいわゆる「報連相」がしっかりできているので、仕事に対する姿勢も変わったと思います。

――天貝さんから見て、研修中の松原さんはいかがでしたか?

天貝さん:だいぶ早い段階でほかの受講生となじんでおり、学びの吸収も早い印象がありましたね。要所要所でしっかりと内容と疑問点を踏まえた質問ができるというのも好印象でした。

所属するグループのリーダーが配属の関係で研修の終盤に抜けざるを得なくなったことがあったのですが、しっかりとグループを取りまとめて課題を完成に導いているのを見てリーダーシップを感じました。

――松原さんから見て、Modisの環境はいかがですか?

松原さん:Modisは営業の方がこまめに連絡をくださるので、気になる点を相談することができるのがいいですね。また、未経験エンジニアと外国籍のエンジニアを交えた定例会が毎月あるのですが、毎回堅苦しくするのもつまらないということで、12月はクリスマス会を開催しました。外国籍の方と触れ合う機会が得られるのも貴重ですし、そういった柔軟なところもうれしいですね。

目標はプロジェクトマネージャー。未経験の方も積極的に挑戦してほしい!

――今後、Modisでキャリアを伸ばしていく中で目標があれば教えてください。

松原さん:まずはホスト系をマスターするところからですね。そしてLinuxサーバーの研修で身に付けた知識を生かして、資格試験も積極的に受けてLPICの2やCCNA、ネットワークの資格をもっと増やしていきたいです。

現在は運用保守寄りのポジションで働いていますが、より上流のポジションをめざし、インフラエンジニアとして成長していきたいと思います。将来的には、プロジェクトマネージャーを目指していきたいです。

――これから未経験でエンジニアを目指したい方に向けて一言お願いします。

松原さん:Modisはサポートも手厚いですし、就業後も仲間同士の繋がりや触れ合いがあって、楽しみもたくさんあります。迷ったら、まずは挑戦してみてほしいと思います!

また、Modisは、就業中も受けられるe-Learningも豊富なので、これらも活用しながらスキルアップしていくこともできると思います。

天貝さん:多くの職場ではLinuxに触れることになりますが、まったく知らない人も多いと思います。ですが、Linuxは慣れればWindowsよりも使いやすいところもありますし、何より一緒に切磋琢磨できる仲間がいます。安心して飛び込んでみてください!

充実の研修制度で未経験も活躍中!アデコグループのModisなら未経験でもエンジニアを目指せます!

アデコグループのModisなら、充実の研修制度を用意して、未経験からエンジニアになりたい方を全面サポート。キャリア相談や希望条件も考慮した案件配属を行っています。未経験であっても、IT業界へチャレンジする気持ちがあればどなたでも大丈夫です。

今回ご紹介した松原さんのように、一緒にModisで未経験エンジニア正社員を目指してみませんか?

エンジニア転職なら、Modis

IT・エンジニア派遣に特化したModisは、専任の担当者が的確なアドバイスと丁寧なサポートであなたの転職を支援します。