ネットワークエンジニアのやりがい・魅力とは?仕事の厳しさやキャリアパスもあわせて紹介

ネットワークエンジニアは、IT系エンジニアの中でもネットワーク系のインフラを担う技術者で、ビジネスにはなくてはならないポジションです。

ここでは、やりがいと魅力のある仕事である一方、業務範囲が広く、スキルアップにも時間がかかるネットワークエンジニアについて、具体的な仕事内容を解説しながらキャリアパスを紹介していきます。

ネットワークエンジニアとは?

ネットワークエンジニアとは、ネットワークの設計、構築、監視・運用を行うエンジニアです。エンジニアの中でも設備の構築を含むため、ハードウェアの設置などの技術も必要とされます。

まずはネットワークエンジニアの仕事内容や将来性についてみていきましょう。

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアは、クライアントがネットワークに求める要件を聞き取り、セキュリティなどを考慮しながら、サーバや回線の設計と提案を行います。また、その設計を元にネットワーク機器の構築や回線の設置などの物理的な設備の設定も担当します。

その他、運用と保守、セキュリティの定期的な見直しなど、長くクライアント企業との窓口も担当します。そのため、設計、ケーブリングや機器の設置についての知識はもちろん、ヒアリング能力や提案力、コミュニケーション能力、最新の製品や技術動向への感度の高さ、コスト意識など、多岐に渡る技術と知識を求められます。

ネットワークエンジニアの仕事内容の詳細は、こちらの記事もあわせてご確認ください。

ネットワークエンジニアの将来性

ネットワークに関する技術は急速に変化しているため、ネットワークエンジニアに求められるスキルも変化しています。また、インターネットトラフィックも引き続き増大しているため、新しい技術をキャッチアップしながら成長していくネットワークエンジニアの需要は引き続き増えていくと予想されます。

これ以外に、技術と知識に精通したネットワークエンジニアは、スキルアップにコストと期間がかかるため、人材が不足しがちである、という観点からも高い需要を維持していくと考えられます。

ネットワークエンジニアの将来性については、こちらの記事もあわせてご確認ください。

ネットワークエンジニアのやりがい・魅力

ネットワークエンジニアは重要度の高い仕事が多く、責任とやりがいにあふれた職種です。また、仲間との一体感や、高収入を目指せるなどの魅力もあります。順番に見ていきましょう。

専門性が高い仕事である

ネットワークエンジニアは、ネットワークの設計から機器のセッティングや操作、ネットワーク全体のセキュリティまでカバーする必要があるため、エンジニアの中でも特に専門性の高い職種です。この中でもネットワークの設計は難易度が高く、安定して運用しやすいようにするだけでなく、負荷分散のため冗長化をおこなったり、障害の発生することをあらかじめ考慮する必要もあります。その際は、ルータ、スイッチ、ゲートウェイなどの物理的なネットワーク機器の知識だけでなく、ルーティングやVLANなど仮想化の知識が必要になる場合もあります。

ネットワークエンジニアは、こうした専門性の高い業務に携わることができるため、やりがいのある職種といえます。

ビジネスと直結した重要な仕事である

現代社会において、ネットワークはビジネスになくてはならないインフラです。ネットワークトラブルが発生して障害が起きると、ビジネスそのものが停止してしまうことも少なくありません。たとえば、大企業のシステムの場合、ネットワークが1日ダウンしただけで、数千万円の損失となってしまう場合もあります。また、2018年にはITネットワークのダウンによって、年間77兆円もの損失が発生しているというデータもでています。

このように、ネットワークエンジニアは、ネットワークという企業にとって生命線ともいえる部分の設計から運用までを一手に担うため、とても重要で責任のある仕事です。

システム構築の達成感が得られる

導入するシステムが大規模な場合、システムの構想から運用開始まで1年以上にも及ぶ長い期間を必要とするプロジェクトもあります。その間、さまざまな部署と協力しながらトラブルなどを乗り越えてプロジェクトを推進していくため、完成時には大きな達成感が得られます。

チームで行う仕事が多く、仲間と一体感が得られる

前述の通り、ネットワークエンジニアはさまざまな部署やチームと連携しながら作業を行います。また、プロジェクトの規模によっては大人数のネットワークエンジニアでチームを構成する場合もあります。そのため、目指すゴールに向かって仲間と協力することで、チーム全体の一体感を得たり、プロジェクトに貢献していることを実感できます。

高収入を目指せる仕事である

ネットワークエンジニアに求められる知識と技術のレベルが高いことから、現場で経験を積みながらスキルアップしていく必要があります。そのため常に人材不足であり、自身のスキルアップと実績によっては高収入が見込めます。実際にネットワークエンジニアの平均年収は、他のエンジニア系職種と比較しても高い水準で推移しています。スキルに見合う収入が得られることは、ネットワークエンジニアの魅力の一つです。

ネットワークエンジニアの仕事の厳しさ

ネットワークエンジニアは求められる知識と技術の水準が非常に高く、またインフラに関する仕事であるため稼働時間が長くなる傾向にあります。ここからは、ネットワークエンジニアならではの仕事の厳しさについて解説します。

24時間365日でネットワークに対応する必要がある

ネットワークの監視・運用の現場では、稼働は昼夜を問いません。現在は簡単な監視はAIが行うこともありますが、大企業の場合は万一に備えてある程度の人員がすぐに動けるような運用体制を組んでいる場合があります。必然的にネットワークエンジニアにもハードワークを求められる場面が増えてきます。

業務に必要な専門知識が非常に多い

ネットワークエンジニアに求められる知識は多岐に渡ります。ネットワークの知識はもちろんのこと、接続されるサーバとOSについての知識、セキュリティ情報、クラウドやIoTの知識など、ネットワークに関するプロフェッショナルとして、接続する機器に対する知識も求められます。

また、ネットワークエンジニアは、同じインフラ系エンジニアであるサーバエンジニアや、サイバー攻撃対策の専門家であるセキュリティエンジニアとも連携しながらネットワークの運用を行わなければいけません。そのため、連携時に支障が起きないようサーバやセキュリティについての専門知識も必要となります。

コミュニケーション能力が必要

ネットワークエンジニアは、クライアント企業のヒアリングと提案から始まり、設計から設置、運用まで、多くのメンバーと密なコミュニケーションを取りながらプロジェクトを進めていく必要があります。そのため、高いコミュニケーション能力と、プロジェクトの推進能力が求められます。

ネットワークエンジニアは大変な仕事だがやりがいも大きい!

ネットワークエンジニアは、幅広く高い水準の技術や知識が求められる、専門性の高いエンジニア職です。また、仕事の内容は企業のビジネスに直結するため非常に重要であり、場合によっては長期に渡るプロジェクトになることも少なくありません。

厳しく大変な仕事ですが、その一方で給与水準は高く、仕事へのやりがいと魅力が大きい職種です。ネットワークエンジニアになるには多くの経験と知識が必要となりますが、得られるものはとても多いでしょう。

Modis Engineer Academyでは、ネットワーク講座を開設しています。ネットワーク基礎、ネットワーク理論概要から始まる全12回のカリキュラムで、未経験からネットワークエンジニアを目指したい方を徹底サポートします。また、アデコでは多くのネットワークエンジニア求人をご用意しています。経験が浅い場合でも参画できる案件もありますので、是非お問い合わせください。

(2020年5月現在)

エンジニア転職なら、Modis

IT・エンジニア派遣に特化したModisは、専任の担当者が的確なアドバイスと丁寧なサポートであなたの転職を支援します。