ネットワークエンジニアにはプログラミングスキルが必須?必要な言語や理由について解説

高度化するネットワーク社会においてネットワークエンジニアの需要は未だに高く、人材不足が続いています。しかし、今後さらにクラウドが高度化することを考えると、現状のネットワークエンジニアとしての技術だけではスキルが不足する可能性があります。そこで、ネットワークエンジニアとしての幅を広げるために、ある程度のプログラミングスキルを持つことも必要になってきます。

ここではネットワークエンジニアがプログラミング言語を習得した方がよい具体的な理由と、習得におすすめの言語をご紹介していきます。

ネットワークエンジニアにはプログラミングスキルが必要

クラウドサービス(IaaS(イアース/アイアース)(Infrastructure as a Service)、SaaS(サース/サーズ)(Software as a Service)、PaaS(パース/パーズ)(Platform as a Service))などの普及により、昔ながらのオンプレミス(自社内で運用するサーバー)のインフラ環境は減っています。その中で、ネットワークエンジニアにも従来のネットワーク構築と運用だけでなく、クラウド技術への対応が求められるようになりました。このクラウド技術に、プログラミングスキルが必要となる場面があります。

プログラミングスキルが求められる理由

クラウドが普及したことで、クラウドサーバーの管理のためにスクリプトを書く機会が増えました。Google App Engine(グーグル アップ エンジン)やMicrosoft Azure(マイクロソフト アズール)、Amazon Elastic Compute Cloud(アマゾン エラスティック コンピュート クラウド)などのクラウドを効率よく制御・管理して活用するためには、目的に合わせたスクリプトが必要だからです。

スクリプトを書くにはバッチだけでなく、Python、PHP、サーバーサイドJavaScriptなど、さまざまな種類の言語を使用します。これらのプログラムのすべてを書ける必要はありませんが、サーバーの負荷が上がったので動的にサーバーを追加する、負荷が下がったのでサーバーを削除する、定期的な監視のためのプログラムを設定するなど、細かな対応のためにも「書かれたプログラムを読む」というスキルは必要です。

また、アプリケーションエンジニアやサーバーサイドエンジニアなどの不足のため、ネットワークエンジニアの担当する範囲が増えてきています。中には、サーバーサイドのプログラムを書くといったものがネットワークエンジニアの業務に含まれている場合もあります。こうした需要に対応することはキャリアアップにもつながるため、ネットワークエンジニアにとってプログラミング言語の習得は重要になってきています。

ネットワークエンジニアが習得しておきたいプログラミング言語一覧

ここからは、ネットワークエンジニアがキャリアアップするためにおすすめのプログラミング言語をご紹介していきます。

Java

業務用アプリケーションから、Webシステムまで幅広い分野で使用されている、人気の言語です。特に、現在はAndroidのスマートフォンアプリケーションの開発で使用されることも多く、スマートフォンアプリケーションを開発している会社ではJavaが理解できると業務の幅が広がる場合があります。

Python

ディープラーニングや機械学習で一躍脚光を浴びたPythonは、Web開発でも古くから活用されている言語です。Java同様、Webシステムにも使用されています。

AIやIoTの分野ではPythonでのプログラミングの際にネットワークの知識が必要になることがあるので、そういった場面でネットワークエンジニアとしての知識が役に立ちます。そのためPythonは、ネットワークエンジニアと親和性の高いプログラミング言語のひとつになっています。

PHP

有名なCMSであるWordPressで使用されているため、まだまだWeb上で需要が高い言語です。Webシステムで使用されることが多いため、Webシステム系の会社に就職する際は覚えておきたい言語です。

プログラミングスキルを身につけているネットワークエンジニアはまだ少数です。そのため、プログラミングを覚えることで差別化ができ、自身の市場価値を高めることができます。その際はご自身が所属する業界に必要な言語を覚えておくことで、業務の幅が広がり、キャリアパスにもつながってくる可能性があります。

ネットワークエンジニアにおすすめのプログラミング言語の学習方法

ここまで、ネットワークエンジニアにもプログラミング言語の習得が重要であることを解説してきました。ここからは、実際にどうやってプログラミング言語を習得していくか、についてご紹介していきます。

書籍を使って勉強する

プログラミングに関する書籍は習得レベルに合わせて数多く出版されており、参考書には困りません。開発環境に必要なアプリケーションやサンプルコードを収録したDVDが付属された書籍もあり、購入してすぐサンプルコードに触れることができる参考書も少なくありません。

書籍による勉強は、自分のペースで現在の学習レベルに合わせて習得できるのがメリットです。一方、デメリットとしては学習内容に不明点がある場合、質問できる環境がなく解決するのが難しいことと、技術書であるため一冊あたりの価格が高い場合があることが挙げられます。

Webで調べながら実際に作ってみる

Webにも参考となる資料は数多く存在しており、公式のドキュメントを利用できるほか、解説ブログなどを見たり、GitHubなどのソースコード共有サイトによって実際のサンプルコードも手軽に入手できます。開発環境も無償で提供されている言語がほとんどであるため、コストをほぼかけずに学習できます。

しかし、書籍同様にサンプルコードや自分で書いたソースコードにエラーが発生した場合、質問する場所がなく、一度つまずくと解決するのが難しくなります。また、書籍と違って、自分のレベルにあった情報を手に入れるためにはしっかり検索する必要があることもデメリットです。

スクールに通う

10万円以上の学費がかかることも少なくないスクールですが、短期間でしっかりと習得するためのカリキュラムがあり、一番確実に技術を習得できる方法です。学習のために費用は発生しますが、講師をはじめとしてきめ細かなサポートを受けられるので、疑問点や問題点でつまずいて学習が進まないということもありません。

なお、IT・エンジニア領域に特化した人材派遣サービスのModisでは、未経験でも完全無料で学習できる養成講座「Modis Engineer Academy」を開設しています。講座の修了後は、ネットワークエンジニアとしての就業までをサポートしているので、おすすめです。

ネットワークエンジニアとして就業するならプログラミングは知っておこう

引き続き需要は高いと考えられているネットワークエンジニアですが、長期的に見るとクラウドサービスの急速な台頭などもあり、生き残るためには付加価値のあるスキルを手に入れる必要があります。こうした背景から、ネットワークエンジニアはプログラミングの習得を検討する必要が出てきています。

Pythonのように、IoTの分野ではネットワークエンジニアと親和性が高いプログラミング言語もあり決して縁遠いものではありません。生き残るだけでなく、今後のキャリアパスも考慮すると、ネットワークエンジニアも積極的にプログラミングにチャレンジすると良いでしょう。

また、ネットワークエンジニアとしてより安定的に働きたいと考えている人は、Modisのエンジニア正社員(無期雇用派遣)をご検討ください。アデコ株式会社に社員として採用され、配属先に派遣されるという働き方のため安心して安定的に働くことが可能!配属先にはコンサルティングファームやシンクタンクなどもあり、さまざまな業界、規模の企業で経験を積むチャンスがあります。

さらに、IT・エンジニア派遣サービスに特化したModisでは、ご自身のキャリアプランを実現するあらゆる職種の求人をご紹介しています。

IT・エンジニア派遣 Modisの強み

IT・エンジニア派遣に特化したModisでは、エンジニア派遣、紹介予定派遣、エンジニア正社員(無期雇用派遣)など様々な働き方をご用意しています。