岡本 紅実業務を通じて新しいプログラミング言語に挑戦。
スキルの向上と仕事のやりがいを感じます

Profile

岡本 紅実

事務職から転職したITコンサルティング企業で、エンジニアとして業務に従事。さらに視野を広げようと転職。JavaScriptを使用した、Web系プログラミングに取り組む。

「もの」が作りたいという思いから、エンジニアの道へ

もともとは中学校や高校で事務職として、主に情報処理の授業で助手を務めていました。その仕事も楽しかったのですが、次第に「受動的ではなく、もっと能動的に働きたい」と考えるように。そんなとき、叔母から紹介してもらったエンジニア向け勉強会に参加したことで「段階を経て、ものを作っていく作業」の面白さを知りました。それが、エンジニアに転職しようと思ったきっかけです。その勉強会を開催している企業が就職先も斡旋していたため、意外とスムーズにエンジニアへ転職できました。

まず、エンジニアとして入社したのは、ITコンサルティングを主事業とする企業。そこでは、提供しているシステムをお客様の要件に合わせて使いやすいようにカスタマイズする業務に就きました。ときには納品したシステムの運用保守に携わることもありましたね。

そうした環境に身を置いて仕事を続ける中で、いつしか「エンジニアとしての力をもっと身に付ければ、自分の視野をさらに広げられるのではないか」と強く感じるようになったのです。その思いが、もう一度転職活動を始めるきっかけになりました。

雰囲気の良い環境で、スキルアップを図り、選択肢の幅を広げる

私自身、人と会話することが好きなので、「コミュニケーションが得意なプログラマーになる」という思いもありました。そうした中、転職活動を通して出会ったのがModisです。面接でお話ししたときの雰囲気や風通しの良い企業風土に惹かれ、この人たちと一緒に働くことができたら、毎日が充実しそうだと感じました。

また、面接時に提示されたキャリアアッププランにも強く共感できました。さらに、「自分が成長するためには、この会社を利用していい」という言葉をかけていただき、Modisは社員の成長を真っ先に考えている会社だと実感したのです。この環境なら、自分もスキルアップできそうだと感じました。

その一方で、私が専門学校などで基礎をちゃんと勉強した経験がなく、業務の中でスキルを磨いてきたため、スキル面でお客様のご希望に及ばない部分があるのでは、という不安を抱えていました。しかし、Modisの担当者が親身に話を聞いてくれた上、そのときのスキルに見合った案件を紹介してもらえたので問題はなかったです。お客様先にご迷惑をかけることもありませんでした。

思い切って新たな一歩を踏み出したことで、年収が60万円アップ

現在はIT企業で、主にパッケージ商品のカスタマイズ業務に就き、プログラミング言語としてJavaScriptを初めて扱っています。Web系のプログラミングは、JavaScriptの機能を多く覚えることで業務の幅が広がっていくもの。この職場では、業務を通じて積極的にJavaScriptのスキルアップができており、大きなやりがいを感じています。

今後の目標としては、コミュニケーション能力を今以上に高めて、お客様と円滑なやりとりをしていきたいと考えています。また、向上心を持って積極的に社内外と連携を図り、「この人と一緒に働きたい」と思ってもらえるような人材になっていきたいですね。

私自身、転職前は周囲から引き止められることも少なくありませんでした。しかし、自分の気持ちに素直になって行動した結果、現在の職場で新たなチャレンジができていますし、年収も60万円ほどアップしました。このことから、転職という選択は正しかったと強く実感していますし、今後も年齢に関係なく行動することを大切にしたいです。人生は一度きりですし、やってみなければ分からないこともたくさんありますから。