山岸 伸輔さまざまな仕事のチャンスが増え、
仕事内容の充実と年収アップが現実のものに

Profile

山岸 伸輔

約15 年間、エンジニアとして主にミドルウェアのパラメータ設計、構築、テスト、保守までの工程を担当。業務効率を上げるため、設計書や手順書の品質標準化についても積極的に取り組む。キャリアアップを目的とした転職活動から出会ったのがModis Professionalでした。

上流工程の面白さが忘れられず、転職を決意

大学卒業後は、ものづくりにプログラマーとして携わりたいと思い、IT企業に就職しました。そこではお客様先に常駐し、システムのミドルウェア構築や保守・サポートを担当しましたが、プログラミングの機会はほぼありませんでした。そんな中、あるプロジェクトで大規模システムのサブシステムに関して責任を与えてもらい、仕様通りに開発するだけではなく、より良いシステムにするための提案に参加する機会もいただきました。その仕事が非常に面白くやりがいがあり、上流工程にもっと関わりたいと思うようになったのです。

このプロジェクトの後に受け持った仕事は、運用および保守・ヘルプデスクでした。
決められたことをミスなくこなすことが業務の基本で、私はこの仕事にあまり面白みを感じられませんでした。上流工程の仕事に携われるよう社内で掛け合ってみたものの、なかなか機会を得ることができません。そこで、転職を決意したのです。

仕事内容の充実と年収アップ、どちらも満たせたModis

IT企業を中心に転職活動を進めました。私の実績ですと、年収はどのくらいが相場なのか分からず、いくつか内定した企業もありましたが、転職前よりも低い年収を提示されるケースが多かったです。そんなときに出会ったのがModisでした。

Modis ProfessionalはAdeccoグループですので、VSNやA-starといった別のグループ企業とのコネクションも豊富です。大手企業のプロジェクトも多く、さまざまなチャンスに恵まれそうだと感じました。
また、前職では勤務先の職場を選択する余地がありませんでしたが、Modis Professionalなら現場で幅広い経験を積めると考えました。

2019年1月に入社したばかりでまだ実感はありませんが、年収もアップする予定で、仕事内容の充実と収入アップの両方を満たすことができそうです。また、Modis Professionalではエンジニア採用の面接官も担当させてもらっています。前職のミドルウェア開発ではお客様と折衝する機会が多く、コミュニケーション能力が磨かれたことから、そのスキルを買ってもらえたのだと思います。

プレイングマネジャーを目指して、経験と実績を積み上げたい

現在は、配属先企業の開発環境の構築やサポート・保守を担当しています。数千人規模の開発メンバーが利用する環境を、日々進化する状況に合わせて最適な状態に整備しています。そこは新しいことを積極的に導入して、環境をより良くしたいという思いが強い職場です。ここでなら多くのチャンスを得て、さまざまな経験を積めるだろうと思いました。

整備している開発環境は、もともと小規模のチームが利用していたものです。小規模向けのまま大規模チームが利用している状況の中で、元の設計を活かしつつ、よりスムーズに稼働するように日々考えています。また、エラー発生時の対応ルールがあいまいなため、そのガイドライン作りにも携わっています。大変ではありますが、開発環境のベースに関わる部分ですので、やりがいも大きいですね。

将来は、プロジェクトをマネジメントしながら、実際に手も動かせるプレイングマネジャーになりたいです。実績がなければ説得力に欠けてしまいますので、まずはプロジェクト全体をマネジメントできるよう、経験と実績を積み上げたいと思います。また、前職では人を育成する機会がありませんでしたので、人を育てられるリーダーにもなりたいですね。採用面接の面接官を経験することで人を見る目を養うだけではなく、いろいろな人の話を聞いて自分の視野を広げていければと思います。