アデコグループのITエンジニアリング人財サービス

Modisの登録型派遣 IT・エンジニア派遣サイトお問い合わせ

modis
メニューを開く

履歴書の封筒の書き方は?宛名、サイズ、書類の入れ方のマナー

履歴書は、派遣会社の担当者などに自分のことを理解してもらうためのの判断材料となるものです。履歴書の中身を充実させることはもちろんですが、郵送や直接手渡しする必要が出た際には、封筒の宛名や送り方といった点についても十分な配慮が必要です。
多くの派遣会社では必要な情報をWebサイトから登録するケースがほとんどで、郵送や直接手渡しで履歴書を封筒に入れて渡すことはないかもしれませんが、社会人としてのマナーを知っておけばいざという時にも困りません。そこで、履歴書の封筒の書き方などについての一般的なマナーを解説します。

履歴書の封筒の準備と書き方とは

一般的に、履歴書を封筒に入れる際の、封筒の選び方や宛名の書き方のポイントは次の通りです。

封筒の選び方とは

履歴書はよほどの事情がない限り、折り目をつけずに渡します。市販されている履歴書は、B4が2つ折になったB5サイズが一般的ですが、職務経歴書はA4で作成することが多いため、どちらも折らずに入れられる封筒を選びます。

封筒のサイズ

具体的には角形A4号、角形20号、角形2号であれば、対応可能です。長形の封筒は、基本的には使用しないようにしましょう。

封筒の色

履歴書は個人から相手先へ提出する公的な文書の一つです。封筒の色は白色であれば間違いはないでしょう。茶色封筒やその他のカラー封筒でも問題はありませんが、封筒や便箋などにおいても「格」を重んじる人もいますので、無難に白色を選択されることをおすすめします。個人情報を入れているわけですから、中身が透けないように、白色封筒でもしっかりとした材質のものを選んでください。

封筒の書き方とは

住所や宛名など封筒の表書きには黒の油性サインペンがおすすめです。ボールペンでは細過ぎ、マジックでは太過ぎる印象です。にじみの出ないタイプを使いましょう。
また履歴書のみの場合は「履歴書在中」、職務経歴書などほかの書類も同封する場合には「応募書類在中」と、赤の油性ペンで封筒の左下に記載します。

宛名は都道府県から書く

企業では郵便物が多いので紛失を避けるためにも、応募者からの提出書類であることが分かるように必ず明記してください。住所は同じエリア内であっても、都道府県から正確に記入します。番地なども省略せずに、企業案内などに記載されている通りに書いてください。文字の方向はどちらでも構いませんが、基本的には横書きではなく縦書きが、よりフォーマルです。

宛名の「御中」と「様」を正しく使い分ける

宛名の敬称は「御中」と「様」を混同せず、正しい使い分けをしましょう。会社宛て、部署宛ての場合には「御中」、人事担当などの肩書や個人名の場合には「様」を使います。

封筒の裏面に自分の住所と氏名を書く

封筒の裏には忘れずに、自分の住所と氏名を明記します。中の書類に記載があるからといって、省略するのは好ましくありません。

履歴書の封筒を手渡しで渡す際のマナーとは

履歴書を直接、手渡しするケースの場合に気をつけたいマナーについて見てみましょう。

手渡しの際に封筒はどう書く?

履歴書を手渡しする際には「宛名」は必要ありません。また、郵送ではないため、送付状も不要です。宛名はいりませんが、表には「履歴書在中」または「応募書類在中」と赤字で記します。他の応募者との混同を避けるため、裏面には自分の住所と氏名を記載しておきましょう。

封筒を手渡しで渡す際のマナーとは

書類を手渡しで渡す際には、封筒をそのまま渡さず、中身だけ提出するように言われる場合があります。バラバラにならないように書類の表裏・上下をそろえ、クリアファイルに挟んでおきます。封筒は糊付けせずに開封したままにしておきましょう。封筒ごと渡す場合でも、担当者が取り出しやすく、確認が容易です。 また、上からファイルに挟むなどして、カバンの中で封筒が折れ曲がらないよう、持参する時の工夫をしてください。細やかな気遣いとマナーが好印象を与えます。

履歴書の封筒を郵送する際のマナーとは

履歴書を郵送するよう指示された場合は、次のようなマナーに気をつけると良いでしょう。

郵送する場合の封筒のマナーとは

郵送する際は、受け取った相手が見やすく、処理しやすいことを考えて封筒を作成するのがマナーです。
書類は裏表・縦横をそろえて、送付状、履歴書、職務経歴書、その他応募書類の順に重ねます。天候による汚れを避け、管理のしやすさも考慮するとクリアファイルに入れるのがおすすめです。

郵送する場合の注意点

書類を郵送する前に、すべてのコピーをとっておくことが大切です。面接や面談があった時に、答える内容と書類の間に齟齬があるようでは信頼性に欠けますので、あとで確認ができるようにしておきましょう。
クリアファイルなどに入れた場合、重量が大きくなります。切手の料金は必ず確認し、不足のないように注意してください。心配な場合は、郵便窓口を利用すると確実です。
切手を貼る場合には、曲がったり剥がれ落ちたりしないように、しっかりと貼り付けます。枚数が多過ぎると見苦しくなるため、なるべく少なくなるように考えて貼りましょう。

履歴書の封筒も選考条件と考える

履歴書の封筒が汚いからといって選考に落ちるということは考えにくいですが、人間性の一端として受け止められる可能性はあります。宛名や担当者の名前の間違いは相手に失礼であり、仕事上のミスを予感させます。切手の料金不足は社会人として頼りないだけでなく、返送されている間に期限が来てしまうかもしれません。履歴書の封筒作成もまた選考条件の一つと考え、気を抜かずにマナーに従った様式で作成する気持ちが大切です。